BLACK DODO DOWN

HN:影月。「怪」のつくものを好み、特撮・ゲームを中心に、よしなしごとをそこはかとなく書き付くる。

非公認戦隊アキバレンジャーシーズン痛 第12話感想

 とうとう訪れた実質的な最終回。普通だったらアキバレンジャーとマルシーナの決戦をどう描くか、となるところでしたが・・・そこはアキバレンジャー。そんな単純に終わるわけがない・・・とまでは予想していましたが、さすがにここまでぶっ飛んだ話になるとは思いませんでした。まさかここにきて、日本を代表するもう一つのヒーローの番組を作っているプロダクションについてのネタを持ってくるとは、想像しろという方が無理な話というもの。プリズムAが現れる時のSEとか光線のエフェクトとか、完全に光の国のアレでしたし。前シーズン以上のカオスな終わり方でしたが、アキバレンジャーらしいといえばらしいですね。この番組以外でやったら完全にアウトですけど。

 今回のエンディングはマスクマンの劇場版オープニングテーマ「ショットボンバー全力集中」。原曲の歌手は影山ヒロノブさんですけど、ものすごくテンポが良くて聞いてるだけで楽しくなりますね。プールサイドで踊るマスクマンの5人が思い浮かびます。