BLACK DODO DOWN

HN:影月。「怪」のつくものを好み、特撮・ゲームを中心に、よしなしごとをそこはかとなく書き付くる。

今週の仮面ライダードライブ 第42話感想

 グローバルフリーズの夜に現れた、白いメディック。その姿こそがメディック本来の姿であり、幾多のロイミュードを癒す過程で副作用として彼らの邪な感情を取り込んだ結果、あのメディックの姿と性格が作られたというのは、なかなかうまい落としどころでしたね。そして、メディックの超進化を助けてやると嘯きながら、いざ実際にそれが実現すると彼女が自分の操り人形になるように細工をしておいた蛮野。本当に他人を自分の道具や支配の対象としか見ていない奴であり、ここまでド直球な悪人は最近では逆に珍しいです。ついにハートも蛮野の手に落ち、超進化体である自らを加えて「約束の数」がそろったとして、自らがロイミュードのニューリーダーとなって第二のグローバルフリーズを起こそうとする蛮野。まったくこのスタースクリームめ。しかし、こうなることを危惧していたハートは先手を打ち、ブレンに逃亡を指示していたとは。まさかブレンが今後の物語のカギを握る存在になるとは、さすがに予想外。