BLACK DODO DOWN

HN:影月。「怪」のつくものを好み、特撮・ゲームを中心に、よしなしごとをそこはかとなく書き付くる。

今週の仮面ライダーゴースト 第15話感想

 退院したカノンの快気祝いを開くタケル達。しかし、かつて口にした「けじめ」のためか、いまだ眼魔の世界で何があったか語ろうとはしないマコト。そこに現れカノンをさらっていったジャベルを倒すため、マコトはこれまで使いこなせなかった奇術王フーディーニの眼魂を使いこなそうと試みる。

 タケルの復活以来あまりいいところのなかったマコトにもついにスポットライトが当たる回が。とことん英雄に対して敬意を持って接し、心からの行動を見せることによって英雄と心を通わせるタケルに対し、真正面から殴り合って実力を認めさせるやり方にこだわるマコト。よく指摘されているようにマコトの使う眼魂の英雄たちは皆「王」と呼ばれた人ばかり。王と呼ばれた者たちに力を認めさせるのは確かに大変そうなので、それだったら四の五の言わず真正面からぶつかり合って力を認めさせようというのは、案外理にかなったやり方なのかもしれません。これまでの英雄に比べてフーディーニは一般の知名度では明らかに低いですが、バイクが変形して合体するという驚きの変身方法、飛行能力、脱出マジックを得意としたフーディーニらしい拘束からの一瞬での離脱と鎖による拘束攻撃と、ビジュアル・能力ともに破格の扱いといえるでしょう。アカリが言った通り、なぜフーディーニが空を飛ぶのかは謎ですが。飛行能力は「撃墜王リヒトホーフェンの眼魂があればそれにふさわしいんでしょうが。

 一方、一度やられたにも関わらずアランによっていとも簡単に復活させられたジャベル。再生怪人は特撮では定番とはいえ、こうも簡単に復活するのは異常ですね。「個人の命になど価値はない」とジャベルが言った通り、眼魔は生命体ですらないのかも・・・。