BLACK DODO DOWN

HN:影月。「怪」のつくものを好み、特撮・ゲームを中心に、よしなしごとをそこはかとなく書き付くる。

ウルトラマンタイガ 第13話感想

 シリーズ前半戦も終わり、後半戦に突入する前の恒例の総集編。しかしこれまでのニュージェネの各作品と比べると、トレギアのせいでスッキリしない話が多かったせいか、どうにも盛り上がりに欠けていたように思えます。総集編自体は会社のイメージキャラを3人のウルトラマンの中から決めよう!…という建前の社長による出来レースだったわけですが、タイガたち本人に許可も取らずに勝手にそんな話進めてよかったんですかね。まぁ許可を取ろうにも社長たちにはとりようもないし、本人たちもノリノリだったので問題ないんでしょうけど。そして、ヒロユキと霧崎初対面。トレギアだと見抜けないのは仕方ないにしても、それを抜きにしたってどこをどう見ても普通に怪しい奴以外の何者でもないでしょうに。ヒロユキにはもっと警戒心というものを持ってもらいたいものです。