BLACK DODO DOWN

HN:影月。「怪」のつくものを好み、特撮・ゲームを中心に、よしなしごとをそこはかとなく書き付くる。

機界戦隊ゼンカイジャー 第44カイ! 感想

 弟たちの呪いを解くためにゾックスが探し求めていたSDトピアのギア。そのギアを使って生み出されたSワルドが、ついにゾックスの前に現れた。待望の敵を前に張り切るゾックスだが、加勢しに来たゼンカイジャーは介人を除きSD化されてしまい、さらにはギアダリンガーまでSD化(というより、ガチャポンの玩具化)され、変身不能になってしまう。ゾックスはゴールドツイカー一家の長として一人でSDワルドとの決着を果たすため、介人やフリントに手を出さないように告げるが…。

 

 待ちに待った目当ての敵が現れただけあって、最初から本気モードのゾックス。同時に、原点に返ったというか、今までどんなワルドが現れてトンチキなことになっても、介人達と一緒にノリ良く乗り切ってきたゾックスですが、本来は非常にシビアな世界である海賊トピアの人間であり、界賊一家の長として譲れぬものがあるということを再確認させる話でもありました。その心意気を理解しつつ、ゾックスが勝手にするのはかまわないから、その勝手をするゾックスも含めてみんなを守るという介人の言葉も、こっちの世界に来たばかりで横暴を働いていたゾックスの心を最初に動かした言葉と同じなのがまたいいですね。そうして力を合わせてSDワルドを倒したものの、ジュランたちのSD化は解けてもなぜかカッタナーとリッキーのSD化は解けず、ゾックスたちは呪いを解く方法を探るため、介人たちと別れてSDトピアへ旅立つことに。ここでゾックスたちが戦線離脱することになるとは思いませんでしたが、どうやらここまではステイシーを支配したゲゲの思惑通りの模様。一体何を企んでいるのか…。