BLACK DODO DOWN

HN:影月。「怪」のつくものを好み、特撮・ゲームを中心に、よしなしごとをそこはかとなく書き付くる。

暴太郎戦隊ドンブラザーズ ドン9話 感想

 喫茶どんぶらに見るからに調子の悪そうな様子で配達にやってきたタロウ。そんな中、ヒトツ鬼が現れるが、タロウがそんな調子なのでドンモモタロウが全く戦力にならない。陣に面会したはるかと真一は、それが数年に一度タロウが無力になる現象であり、元に戻すために必要な300個のきびだんごを作ることになるが…。

 

 前回のつよしの行動について誰か咎めるかどうか注目していたのですが、結局誰も咎めませんでしたね。まぁこの戦隊、現状メンバー同士が顔を合わせるのはほぼ戦闘の時だけだし、つよし=キジブラザーと知ってるのは今のところはタロウだけで、そのタロウも今回はそれどころじゃなかったから仕方ないんですけど。というわけで、この番組らしい思い切りの良さで、今回は謎の不調に襲われたタロウにのみ注力することに。数年に一度無力になるという設定が生えてくるのもいきなりだし、それを直す方法がきびだんごを300個食べさせること、しかも臼と杵でついたものじゃないとダメだし1個欠けてもダメという妙に厳密なものなのもツッコミどころ満載なのですが、そこを一切スピードを緩めずに展開させていく剛腕はさすがですね。無力になったタロウを見て今なら勝てるかも(思い浮かべた勝負は例によって相撲三番勝負)と情けないことを考えてしまう真一、こういう浮世離れしてるように見えて浮世離れしきれてないところが、いかにも井上キャラという感じがしますね。そして、きびだんごが肝心なところで1個足りなかったというアクシデントが発生しても、はるかの頑張りでそれを補い、タロウがドンロボタロウに変身してなんとかヒトツ鬼を撃破。井上敏樹という人は、過去に天井からいきなり落ちてきたり、宅配便で送られてきたりといった、ものすごく雑な強化アイテムの登場のさせ方をした人なので、きびだんご食ってパワーアップというのはこの人にしてはまぁマシな方ですが…(真魚ちゃんの弁当を貪り食ってアギトバーニングフォームになった翔一に近い)。それにしても、子供の頃誰も遊んでくれなかったという老人の心残りがヒトツ鬼を生み出すとは。これすら「欲望」と呼んでしまうのは、あまりにも酷だと思うのですが…。

 

 一方その頃、ドンブラザーズのあずかり知らぬところでは、以前警察鬼から元に戻してもらった刑事が参加していたバスツアーの一行が、トンネルを抜けたところで一人残らず忽然と消失するという怪事件が…。同じ頃、謎のビジョンを見て「獣人が来る…!」とおびえるソノイ。ま、まさかもう第三勢力が…!?