BLACK DODO DOWN

HN:影月。「怪」のつくものを好み、特撮・ゲームを中心に、よしなしごとをそこはかとなく書き付くる。

仮面ライダーガッチャード 第36・37話感想

 2話分まとめて感想を書いてしまいますが…ガッチャードは話の展開が丁寧な分、主人公を追い込む段になった時もきっちりと追い込んでくるというのがよくわかる2話でしたね。完全に春映画だったカグヤ様編の直後にこれですか…おかげであのおかしなゴージャス野郎がいる間はギギストがおとなしくせざるを得なかったようにも見えてしまいました。そんな重石もとれて水を得た魚のように悪事に走るギギスト様。ケミーそのものをマルガムに変えて倒したらケミー自体も滅んでしまうというのは、さすが冥黒の王を名乗るだけはあるえげつないやり口ですね。ケミーは自分が作っただの、もともとケミーは悪意側の存在だの、急にいかにも仮面ライダーらしい「正義の力の起源は悪にある」みたいなことをこの期に及んで言い出したのには面喰いましたが。

 

 ついにはホッパー1までもマルガム化させて宝太郎自身の手によって倒させるという手によって宝太郎を絶望させマルガム化させることを目論んだギギストでしたが…あにはからんや、宝太郎は巨大な卵と化してどこかへ姿を消してしまいました。この思わぬ展開に思わず素になってしまったのか「何!?」と普通に驚くギギストの様に笑いました。人間の思考は完全に理解できるとあれだけ豪語していたのに…。理解と言えば、クロトーは明らかに宝太郎に気持ちを引っ張られて遠回しに彼の身を案ずる発言をしてしまっているし、アトロポスに対してはグリオンを復活させたい彼女の気持ちを「紛い物」などといらんこと言って静かにブチギレさせたりと、人間の心は理解できてもホムンクルスの心は理解できてないのか、明らかに部下からのヘイトが増していますね。ギギスト様といいグリオン様といい、どうして冥黒側のボスはこう部下の人心掌握がヘタクソなのか…。