BLACK DODO DOWN

HN:影月。「怪」のつくものを好み、特撮・ゲームを中心に、よしなしごとをそこはかとなく書き付くる。

仮面ライダーガッチャード 第38話感想

 2話かけてじっくりと宝太郎を絶望の底へと追い込んでいく重苦しい展開が続きましたが、今回はいよいよお待ちかねの大逆転の回。これまでもそうでしたが、主人公側が絶体絶命の危機に追いやられたりメンタル曇らされたりする展開はダラダラと長引かせず必要最小限にコンパクトに終わらせ、スカッと胸のすくような大逆転を持ってくるのはガッチャードのいいところですね。これまでのライダー、特に令和になってから、ストレスフルな展開をダラダラ長引かせるところがあったので、そこを反省点としたのかはわかりませんが、これは今後のライダーでも大事にしてほしいところです。そして生まれたガッチャード最強フォーム、レインボーガッチャード。炎、鉄、プラチナときて、とうとう無形の存在である虹へとたどり着きましたか。自由に心の赴くままに変幻自在の戦闘を繰り広げる様が、まさに宝太郎の目指す錬金術のたどり着くべき場所といった感じですね。