BLACK DODO DOWN

HN:影月。「怪」のつくものを好み、特撮・ゲームを中心に、よしなしごとをそこはかとなく書き付くる。

仮面ライダーガッチャード 第39話感想

 101体目のケミー、ニジゴンを仲間に加え、レインボーガッチャードへの変身を可能とした宝太郎。ホッパー1たちも元に戻り、一転意気軒高となった宝太郎たちは残る2体のケミーの捜索に乗り出す…。

 

 絶望的状況から一転、最強フォームへの進化を遂げて宝太郎たちがノリに乗ってる一方、内心ものすごくテンパってるのが見え見えのギギスト様。そのタイミングで「やはりグリオン様を…」とアトロポスに進言されて思わずキレてしまいましたが、まぁ事ここに至って今さらグリオン様を復活させたところで何がどうなるとも思えないので、余裕がないところで的外れな進言をされて思わずカッとなってしまったその気持ち、理解するぞ。

 

 宝太郎たちがケミー探しをしているその頃、キッチンいちのせでの大喜利大会以降出番のなかったラケシスは、鏡花さんに頼まれてお使いに出ていた。いつものあの格好のままエコバッグを肩から提げてるのがなんともシュールですが、そこへアトロポス、さらにはクロトーが襲来。さらに宝太郎たちとは別行動でケミーを探していたりんねが合流。「ラケシスは今は私たちの仲間だから守る」と変身して戦闘を開始しますが…実際のところ、金ぴかおじさんについていけなくなって脱走して転がり込んできただけで、過去の悪事について反省の弁を述べたとか特にそういうこともないうちになんだかなじんじゃってるだけなので、それを改めて仲間と言われるとうーんと唸ってしまうのですが。結局戦闘はラケシスとりんねがうまいこと離脱してお開きになりましたが、おつかいの途中で襲われるような面白い女、もう最終回まで生き残るの確定したようなもんじゃないでしょうか。

 

 一方宝太郎たちは期せずして2体のケミーを同時に発見し大喜びしていましたが、そこへ例によってギギスト様の問答無用のステージ変更によって転移させられる宝太郎。ギギスト様は改めてニジゴンをわがものとすべく発見されたばかりの2体のケミーをマルガム化させようとしたところ、ニジゴンのレインボーブレスでキャンセルされた上にガッチャを許してしまうことに。伝家の宝刀を無効化された上に「わからん、ガッチャとは何だ」と大混乱するという、もはやかつての威厳は微塵もない醜態をさらすことに。まぁガッチャとは何か、よくわからんのは我々も同じなんですが。

 

 もはや戦う前から負けてるような気がするギギスト様でしたが、諦めずに戦闘を挑むことに。しかしなんと、宝太郎はレインボーガッチャードに変身してからケミー自身を錬成するかたちでアッパレスケボー、ゴルドメカニカニを召喚。ケミーそのものを錬成するやり方はギギスト自身がやったもの、分身を出現させて同時に攻撃する戦法はカグヤ様が見せたものなので、宝太郎は見事に過去の経験を糧に自分の錬金術を磨き上げてきていますね。こうしてギギスト様は、ある意味自分がヒントを与えてしまったかたちでやられるという屈辱の最期を遂げてしまうのでした。

 

 こうしてニジゴンを含む101体のケミーすべての回収に成功した宝太郎達。といっても、揃ったところで何か特別なことが起こるというわけでもなく、みんなでたこ焼きパーティーをしただけでしたが。その席でたこ焼きを口にして、人間になることを決意するラケシス。今回の姉たちの姿を見て、人形のままではいずれ他人に使い捨てられるだけだと理解したのでしょうけれど、彼女の場合仮に人間になれてもやっぱり鏡花さんに使われそうな気がしますね…。一方、ミナト先生も錬金連合を見限り、宝太郎たちのような若い世代を育成するための新たな組織づくりを決意し、スパナに協力を求めることに。ようやくその決意を固めてくれたか、先生…。

 

 一方ウロボロス界では、またドンと何者かが降臨。またこのパターンか…。