BLACK DODO DOWN

HN:影月。「怪」のつくものを好み、特撮・ゲームを中心に、よしなしごとをそこはかとなく書き付くる。

暴太郎戦隊ドンブラザーズ ドン45話 感想

 ついに互いの正体を知ったタロウたちと翼たち。しかし物語の急展開は留まるところを知りません。今回のメインは再び里帰りしたジロウに同行したタロウと翼を待っていた衝撃の真実。獣人の森への扉がジロウの故郷の村にあり、しかもずっと存在は語られながらもその正体について一切のヒントがなかったペンギンの獣人こそ、ジロウの育ての親である村の駐在・寺崎であり、彼もまたタロウやジロウと同じくドン家の者だったとは…。そして、ルミちゃんや他の幼馴染は実は現実には存在しない、寺崎が見せていた幻であり、コピー元の人間の寿命が尽きかけている自分に代わって彼を森の門番にしようとしていたのが寺崎の目論見だったとは…。つまりジロウには、最初からよりどころになるものが何一つなかったということじゃないですか。あんまりすぎる…。そんなジロウに何も知らせぬまま門番の仕事を継がせようとしていたとは、話が通じるとはいえ、ペンギンの獣人もやはり碌な奴ではありませんでしたね…。

 

 自分も夏美も獣人に人生を狂わされた遺恨から、夏美を助けたら獣人は滅ぼすべきという翼と、獣人を生み出したドン家の者として責任をとり獣人は生かして森に閉じ込めておけばいいというタロウが対立していたところでそんなことが発覚し、タロウはジロウに代わってその役割を果たそうと、ペンギンの折り紙を飲んで獣人の森に囚われることに。一方、またも雉野が暴走してヒトツ鬼になって巨大化したら、いきなり現れた次の戦隊のロボに倒されたり、その直後にソノイたちを粛清しに戻ってきたソノシたちによって雉野が消されたりと、あっちもこっちももう大変。いや、死ぬわけではないので雉野は一回消えて少し頭を冷やした方がいいんでしょうけど…。

仮面ライダーギーツ 第19話感想

 前回予想していた通り、デザスター疑惑をかけられ大ピンチに陥っていた景和が持ち前のここ一番の強固な意志を見せて大逆転する展開となりましたが、景和の前に姿を現した彼のサポーター・ケララの役割が大きかったですね。かつて景和がブーストバックルを毎回引き当ててたのも彼の豪運とかそういうものではなく、実はケララがプレゼントしていたという種明かし。にもかかわらずあいつときたら、毎回それを他の奴に渡してたんですから、ケララとしてはさぞかしいらついていたことでしょう。あのぐらいの説教で済んだのが不思議なくらいです。同じようにバックルをプレゼントはするけれど、基本的には英寿の行動を傍観して楽しむのに徹しているジーンに対して、ケララのサポートのスタイルは景和を説教部屋に呼び出して発破をかけるスパルタ式。まぁ誰が見たって景和のお人よしぶりは度が過ぎてますから、こいつを応援しようとなったらケツを叩いて持ち上げるしかないとなるのはよくわかりますし、実際プレイヤーとサポーターの関係としてはよくバランスが取れているように見えますね。

 

 最終的にデザスター疑惑をかけられ退場したのはナッジスパロウでしたが、景和をハメようとしていた彼も結局はデザスターではなかった模様。ただそうなると、これまでのゲームを見る限り明白な妨害を見せた者は一人もいないということになってしまいますね。一体誰がデザスターなのか…。

ウルトラマンデッカー 最終回 感想

 ついに訪れたマザースフィアザウルスとの最終決戦。ウルトラマンの最終回の定番ともなった、仲間への正体告白からの文字通りの総力戦でしたが、トリガーも最終決戦に参加しながらもエタニティコアの力を吸収してカナタに渡すことで変身を可能にする、という重要ながらも出しゃばりすぎない役回りにしたのはよかったですね。アガムスによって一度は敵に回ったテラフェイザーも、再びハネジローが搭乗することによってもとの地球防衛兵器としての務めを最も重要な局面で果たすことができたのは何よりです。そして、ほかならぬマザースフィアザウルス自身の口からスフィアの目的が明らかにされましたけど…争いやら格差やらをなくすために全てを自らと一つにしようって、本質的にはウルトラマングレートのゴーデスと同じじゃないですか。スフィアがそんな究極の進歩否定主義者なら、物語の最初から一貫して前に進み続ける存在として描かれてきたカナタたちの敵であることは当然であり、そしてまた、彼らの前に敗れ去る運命は必定だったということでしょうね。

 

 さて、これでデッカーの物語もひとまず幕となったわけですが、シリーズを通して見てもなかなかユニークな作品だったと言えるでしょうね。スフィアによって宇宙との行き来を断たれた地球、というある種コロナ禍以来の我々の置かれた状況を反映したような世界において、それでもその状況を打破しようとひたすら前に進もうとするカナタたちの姿は、まさに今の時代に示すべきヒーロー像だったと思います。ピット星人やグレゴール人のエピソードのように、侵略者ではない宇宙人が登場するエピソードもなかなかユニークでしたし。残すは劇場版。どんな物語を最後に見せてくれるか、楽しみです。

暴太郎戦隊ドンブラザーズ ドン44話 感想

 年明け早々椎名ナオキの正体を明かし、一気に風呂敷をたたむべくアクセルを吹かしてきましたが、今回はついに、翼と彼以外のドンブラザーズメンバーが互いの正体を知るときが訪れることに。ここまでかかった話数、実に44話。ここまで引っ張ってきたからには、それにふさわしい特大の衝撃が彼らを襲うことになるだろうな…と思っていたら、物語はそれとはまた別の重要なストーリーラインである翼、雉野、ソノニ、夏美(鶴の獣人)の複雑な愛憎劇のクライマックスとして展開。翼と出会って人の愛を知り、翼の愛を得ようと彼に嘘までついたソノニでしたが、やはりその愛がゆえに嘘をつきとおすことができず、鶴の獣人にとどめを刺そうとした翼から夏美をかばって深手を負う、という展開は、まさに井上敏樹の描く愛憎劇の極みですね。その後、みほ(夏美)を傷つけられた怒りのまま翼に攻撃を仕掛ける雉野。その中でついに両者変身して激突したわけですが、互いに必死すぎて相手の正体を知ったことへの驚きは一切描かれないというまさかの展開。雉野の攻撃からまたも翼をかばってソノニが深手を負ったところへ、それまでの流れとは一切関係のないヒトツ鬼が突如乱入。そこへタロウたちもやってきて、ついに6人同時変身が実現するのですが、ここでも翼=イヌブラザーだったことに驚くことは一切なく、いつも通りヒトツ鬼を倒すことに…。いやぁ、まさかここまで長々引っ張ってきた秘密が暴かれる展開に対して何のリアクションも描かないというのは、さすがに予想外でした。井上氏にとっては、イヌだけ互いに正体を知らないというのは単に物語を面白くするためのスパイスに過ぎず、彼の中でそれによって物語を面白くする段階は終わったので、そのスパイスをただ調味料入れに戻しただけ、ということなんでしょうか。どうあれ、並みの脚本家にできることじゃありません。

 

 その後、二度も深手を負ったソノニは翼の前でついに命を落としてしまうものの、そこへマスターが現れ、これまでにたまっていたポイントで彼女を生き返らせることに。しかし翼はようやく彼女の自分に対する愛に気づきながらも、それを突き放すように二度と姿を現すなと言い残し去っていく…。普通ならあのままソノニを死なせた方が美しいと考えるでしょうが、それだとジェットマンのマリアやファイズの結花と同じになってしまうと考えたのか、翼にとってもソノニにとってもさらに残酷な、まさに愛憎の果てと呼ぶべき結末を「この方が美しいだろう?」とばかりに出してくるとは。やはり特撮ヒーロー番組でラブロマンスを描かせたら、彼の右に出る者はいないですね。そしてその後、寝床についたところで翼=イヌブラザーだったことにいまごろ驚愕の叫びをあげるはるか。この子アホなんか…。

 

 そして、こうした密度の高い愛憎劇が繰り広げられた一方で、ジロウがルミちゃんとの2ショット写真を雉野に見せるも、そこにはジロウしか写っていない…という背筋がぞっとするような展開が。ここへ来てのどかな田舎としか誰にも思われていなかったジロウの故郷が一転、恐るべき真実の隠された魔境である可能性が出てきましたが、果たして再び帰京するジロウに同行することになったタロウを待ち受けているのはなんなのか…。

仮面ライダーギーツ 第18話感想

 デザスターという新要素が加わって始まった今回のデザグラですが、こういう騙し合いとなると圧倒的に不利な奴が1名…というわけで、案の定景和がはめられてデザスターの疑いをかけられる回。折しも豪徳寺の姿をしたジャマトが現れるというのも彼にとってはタイミングが悪かったですね。せっかく前シーズンでは体を張った芝居を打ってゲームマスターを罠に嵌めるまでに至ったというのに、もうちょっと学習してくれ…。まぁ、景和がこういうピンチに陥るのも、それを見ながら英寿がつれない態度をとることもいつも通りの流れなので、来週はここからの景和らしい爆発力を見せてもらいたいものですね。

ウルトラマンデッカー 第24話 感想

 迫るバリア収縮の時、テラフェイザー、そしてついに現れたマザースフィアザウルス。最終回直前なのでピンチの連続なのは当たり前ですけど、カナタの体がアガムスと同じようにスフィアの浸食を受けるわ、マザースフィアザウルスに呼応してエタニティコアまで動き出すわと、これでもかとばかりにピンチの猛ラッシュが襲いかかる、歴代ウルトラマンでもかなりハードな展開に。特にエタニティコア。トリガーのTVシリーズでも劇場版でもあれだけ厄介ごとの種になったというのに、番組が変わってまでまだ厄介ごとになるんですかあれは。そんな中、カナタをかばってマザースフィアザウルスの攻撃の前に散ったアガムス。うーん、王道の最期ではありましたけど、今までやってきたことを考えるとこれで退場ではまだちょっと償いが足りなかったかな…。

暴太郎戦隊ドンブラザーズ ドン43話 感想

 どうやって獣人の森から帰還できたかをいまだ思い出せずにいた翼だったが、街でチラシを配る着ぐるみを見て、ウサギの着ぐるみを着た人物が助けてくれたことを思い出す。喫茶どんぶらではるかからそれが椎名ナオキであることを聞いた翼は二人で彼に会いに行くが、追い詰めて話を聞こうとしたところでムラサメの襲撃を受ける。そこへなんともう一人のムラサメが現れムラサメ同士で戦いをはじめ、その混乱の中でウサギの着ぐるみの頭が外れ、中から現れたその顔は…。

 

 はるかの盗作疑惑の元凶として、ドンブラザーズの縦軸の謎の一つだった椎名ナオキの正体。それは、この世界とは別次元の世界、しかも未来からやってきたはるかだったという、なんともややこしいオチでした。あっちの世界でははるかと真一が付き合ってたり、真一が金持ちだったり、雉野とみほが口では言えないようなことになってるらしかったり、はるかがこっちの世界のタロウと出くわすなり殴りにかかるぐらい仲間内でなにやらゴタゴタしてるらしかったりと、なにやらとんでもないことになっている模様。ただ、あっちの世界のはるかが獣人の森に入り込んだ翼を助けたということは、あっちの世界のはるかは翼がそうなるということを知っていて、少なくともその時点まではあっちとこっちのドンブラザーズが辿った経緯は共通していたということになりそうですね。あっちの世界からのムラサメの襲撃を受けながらも、新・初恋ヒーローを完成させて元の世界へ帰っていったあっちのはるか。結局盗作疑惑はうやむやになったままなので、疑惑を晴らすにはやっぱりこれを超える大傑作を描き上げるしかなさそうです。しかしあっちのはるかは、マンガの中に何かメッセージを残していったらしく…。