BLACK DODO DOWN

HN:影月。「怪」のつくものを好み、特撮・ゲームを中心に、よしなしごとをそこはかとなく書き付くる。

暴太郎戦隊ドンブラザーズ ドン30話 感想

 はるかの叔母・ゆり子が誘拐された。犯人はなんとアノーニ。喫茶どんぶらに集まっていたタロウたちに、アノーニは誘拐そのものは本意ではなく、獣人を捕まえて隔離することをドンブラザーズに依頼するためにこんなことをしたと語る。そして、彼らが把握している人間に化けた獣人のリストを渡してくるが…。

 

 急にアノーニがスポットライトを浴びましたが、こいつら相変わらず、どういう奴らなのかよくわからないんですよね。普段は人間に化けて一般社会に溶け込んでおり、脳人に加勢したりムラサメの保護対象になっていたり、脳人寄りの存在であることは確かなのですが、一方で脳人の敵であるはずのヒトツ鬼に使役されて現れることもあり、どういう立場なのか相変わらずさっぱりわかりません。にしても、ドンブラザーズははるか以外近親者がいないのでこんなやり方をするしかいなかった→雉野「みほちゃんは?」→リストにみほの名前が、って、こんなかたちでみほが獣人であることを雉野が知ることになろうとは。葬式の招待状をカツサンドに挟んで送るような雑な展開を描いた人と同じ人が書いたとは思えない、意表を突く恐ろしい展開です。

 

 割と早い段階で登場したにもかかわらず、ドンブラザーズとは翼以外全く関わることがなかった獣人ですが、ここへ来て急激にドンブラザーズと関わるようになりましたね。今回はさらに、「獣人は人間をコピーする」「獣人が死ねばコピー元の人間も死ぬ」という、ものすごく重大な事実が明らかになりました。獣人はもともとドン家が人間に代わる感情が生み出す波動の供給源として作ったものですが、なるほど、獣人によって人間が死ぬような事態が起こってしまうようでは、確かに失敗作と判断されたのもうなずけます。また、これによってみほは夏美の姿をコピーした獣人であることもほぼ確実となりましたね。どう考えても雉野とみほがこのままハッピーエンドを迎えるとは思えないし、もしみほがドンブラザーズか脳人に倒されるようなことがあれば、それはそのまま夏美の死も意味することに…。翼と雉野にとっては残酷すぎる事実ですが、いよいよ来週、この二人に来るべき時が来る…?

仮面ライダーギーツ 第4話感想

 前回ゾンビに嚙まれてしまった祢音。一時は諦めかけた彼女が、英寿と景和の言葉で奮起し、それによって逆転勝利をつかみ取る話でしたね。大金持ちゆえに子供の頃誘拐されたことがあり、それによって毒親となった母親に監視状態に置かれている、というニチアサにしては重過ぎる彼女の境遇も明らかになりました。それに対して、口を開けば「どうせ」としか言わず自暴自棄になっていた奏斗は脱落。世の中には彼のように自らを向上させようともせず、他人の足を引っ張って道連れにしようとしかしない人間が掃いて捨てるほどいるので、そういう連中が結局はどうなるかということを示すうえでも有意義な回でした。

 

 それにしても、順調すぎるぐらいにどんどん参加者が減っていきますね。このまま彼らだけでデザ神を決めるところまでいっちゃんでしょうか。実はこれはまだ予選で、ほかにも別のところで彼らのようにサバイバルを繰り広げているグループがほかにもいくつかあるとか、そういう可能性もありそうな…。

ウルトラマンデッカー 第11話感想

 アサカゲ博士が開発を進めていた新兵器である巨大ロボット・テラフェイザーがついに完成。カナタたちが見守る中起動テストが行われようとするが、そこへガゾート、さらにはライバッサーと、まるでテラフェイザーを排除しようとするかのように次々に怪獣たちが襲来する…。

 

 ついに登場したテラフェイザー。ただでさえ元ネタが元ネタなうえ、もともとは対闇の巨人、つまりウルトラマンと同等の存在を想定して開発が進められていた兵器であることまで明らかになり、ますます不穏な気配しかしません。今回は戦闘用AIがデータ不足のため急遽ハネジローを乗せての戦闘になり、スペック通りの能力を発揮することはできませんでしたが、それでもホーミングするレーザーなど、強さの片鱗は垣間見れましたね。劇中でもカナタたちの口から、トリガーで起きたキングジョーSCの墜落事件について触れられていましたが、テラフェイザーのビーム砲と伸縮式クローという両腕の武器構成も、キングジョーSCに触発されたものだったのでしょうか。戦闘はマガバッサーやグエバッサーと同じくバッサー種の怪獣らしきライバッサーが相手でしたが、それよりも等身大の複数のヒナバッサーに対し、等身大のデッカーがイチカリュウモンと共闘するところが、ウルトラファイトっぽい画で印象に残りましたね。

暴太郎戦隊ドンブラザーズ ドン29話 感想

 お昼にカツサンドを食べようとしたタロウだったが、そのカツサンドには何かが挟まっていた。挟まっていたのは、なんと脳人の元老院からのソノイの葬儀への招待状。罠だと言って止めようとするお供たちに反して、タロウはその誘いに乗る。一方、獣人からアノーニを守るために現れたムラサメの前にはジロウが現れるが…。

 

 なんだかいつも以上にいろんなことが一度に起こり、しかもここ最近全く出てこなかった物語を動かす要素が一気にドバッと噴出したため、頭がイカレそうになった回でした。ほんと、よくこれだけのものを30分に詰め込むことができましたね。

 

 まず、ソノイの葬儀。案内状をカツサンドに挟んで送ってくる元老院の頭が大丈夫か疑わしくなりますが、この番組の脚本家はかつてファイズブラスターを普通の宅配便で巧のところへ送りつけた前科があるので仕方がありません。なぜか綿密に描かれる葬儀前の儀式(入浴とかマッサージとか)の数々がシュールでしたが、狂気の笑顔を浮かべながらマッサージ師に逆に激痛マッサージを仕掛けるタロウが怖い。申し訳ないですけど、こういうところを見ちゃうとドン家を滅ぼした元老院の判断にも納得してしまいますね。壁に飾られたソノイのクソデカ遺影にもなんか笑ってしまう葬儀でしたが、ソノイの弔い以外にももう一つ、案内状を食べ物に挟んで送りつけてきた非常識を元老院に抗議するという目的があった。いや、もっともだけどあんたがそれを言うか。さらに「食べ物を無駄にするのはよくない。だからこれはお前らが食え」とタロウから投げ渡された食いかけのカツサンドをほんとに食べる長老たち。もうわけわからん…。その後、突如ソノイの棺から現れたソノイの鎧に襲われ、剣に貫かれたタロウはエネルギーを奪われてしまうが…。

 

 一方、再びムラサメと対峙した闇ジロウでしたが、「まるでお前は死にたがっているようだ。そんな相手とは戦えない」と戦いを戦いをやめ、互いに生き方に葛藤する者同士、奇妙な心の交流を始める。この中で、ジロウの二つの人格は、実は闇ジロウの方が本来のものだったという驚愕の事実が判明。友達とのかかわりの中で、飢えた獣のような本来の人格を抑えるためにもう一つの人格が生まれた…ということなんでしょうけど、問題なのはそっちの人格も「皆さんを処刑しようかなと思って」とか気軽に言い出すような奴で、「光のジロウ」とか「正義のジロウ」とか呼ぶのはものすごく抵抗があるということですね。ムラサメと語るときはむしろ闇ジロウの方が理性的ですらありますし。その後、ジロウに襲い掛かってきた獣人はムラサメの忍者剣に貫かれ消滅。それを目撃したソノニとソノザは、ムラサメならば不可殺の存在である獣人を殺すことができることを知るが…。

 

 また別の場所、獣人にまたも追われていた翼は、突如飛来したムラサメの忍者剣に意識を乗っ取られ暴走。さらにソノニ、真一と、手にしたものを次々に暴走させる忍者剣。妖刀に取りつかれても「ここで一句」ができる真一、腕前はともかく俳句への情熱は本物ですね。そこへ戻ってきたタロウはエネルギーを奪われ変身不能になっていたが、忍者剣を手にするとなぜか一瞬でそれが復活。ドンモモタロウに変身すると、戦いを促す忍者剣の言葉に一切耳を貸さずいつも通りの強さでヒトツ鬼を瞬殺。いや、主役が変身不能って、最低でもそれで一週は引っ張れるネタでしょう。なんであっという間に解決してんのよ。その後、忍者剣はソノザが「初恋ヒーロー」のページを使って封印。いやもう、いろいろありすぎてツッコむ気力も湧かない…。

仮面ライダーギーツ 第3話感想

 デザイアグランプリ第2回戦の開催が告げられ、英寿たちに招集がかけられる。第2回戦は「ゾンビサバイバルゲーム」。波状攻撃的に街に近づくゾンビジャマトの群れから市民を守りつつ全滅させる内容で、スコアで最下位となった一人が今回の退場者となる…。

 

 デザイアグランプリの細かいルールや参加者たちの背景が少しずつ見え始めてきた回でしたね。特に、プレイヤーへの攻撃は減点となるという、いわゆるPK行為へのペナルティが設定されているのは意外でした。こういうルールが設定されている以上は、すぐライダー同士の戦いになる最近のライダーの悪習も防げますし、ライダー同士の戦いがメインだった龍騎との差別化にもなると思いますが、所詮ルールは運営次第なので、後々あっさりこのルールが撤廃されてまたぞろライダーバトルに走る可能性も大いにありうるとは思いますが。金では手に入らないものが大事と言いながら困ると課金とかガシャとかに走ろうとする祢音とか、失ったものを取り戻すよりも全てを道連れにして破滅することを望む奏斗とか、登場人物たちの非合理ながらそれゆえに人間らしい行動原理の描写も今のところよい感じです。

ウルトラマンデッカー 第10話感想

 怪獣を倒しては去る、という行動を繰り返す謎の怪獣、ネオメガス。その背景に人為的なものを感じ取ったカイザキ副隊長は、調査に乗り出すが…。

 

 カイザキ副隊長をメインに据えた初の回となった今回は、研究畑出身である彼女らしい、科学の在り方についての話でしたね。ネオメガスも含め元ネタとしてはダイナ16話「激闘!怪獣島」のオマージュですが、怪獣を人為的に支配しようとする科学者との対決、という点では同じでも、今回はこちらにもカイザキ副隊長という同じ科学者が存在することで、「怪獣への恐怖から理想を捨て誤った方向へと走った科学者」対「あくまで理想を抱き困難な現実と向き合っていこうとする科学者」、という対称構造を持ち込んだのがよかったですね。その象徴のような、デッカーの掌に立つカイザキ副隊長とネオメガスの掌の上に立つシゲナガが対峙する光景もまたかっこよかったです。ウルトラセブン18話「空間X脱出」でキリヤマ隊長の言った「神なき知恵は、知恵ある悪魔を作る」という言葉を思い出しました。「知恵」を「理想」と言い換えれば、これは今回の話にも当てはまる言葉でしょうね。

 

 戦闘シーンでは、デッカーの窮地に駆けつけてすんでのところでアームでデッカーを抱え上げ急上昇するGUTSホークがかっこよかったですね。合体、とは厳密には言えないでしょうけど、グリッドマンと同じ、地球人の作ったメカとウルトラマンとの合体がついに実現したかと、感慨深かったです。

暴太郎戦隊ドンブラザーズ ドン28話 感想

 今日も今日とて警察に追われる翼だったが、それを見ていたお嬢様風の女性・瑞穂に「弟子にしてほしい」と頼まれる。亡くなった天才画家の遺作が欲しいあまりヒトツ鬼にまでなってしまう彼女を放っておけず、翼は仕方なく彼女に付き合うことになるが…。

 

 主役回では毎回ひどい目に遭うだけでなく、変な女に絡まれることにも定評のある犬塚翼ですが、今回も怪盗になりたいという女に絡まれることに。弟子入り志願する戦隊が違うだろ。そこから例によって、いまだに互いの正体を知りもしないのに他のお供たちがあれよあれよと同じ絵の争奪戦に加わるという展開となりましたが、終わってみれば天才画家がその絵筆をもってしても描き切ることができなかったほどの、モデルの女性に対する愛の大きさが明らかになるという、またしても井上敏樹の巧妙な詐欺に引っかかったような気分になる話でした。まぁ、それとは別にはるかの変顔を描いた絵でちゃんとオチはつきましたけど。一方、今回のヒトツ鬼が格別強かったというわけでもないのに、ドンオニタイジンとトラドラゴンジンがスーパー合体したトラドラオニタイジンが初登場。相変わらずこの人、新しい武器とか新しいロボとか、ヒーローのパワーアップに関しては全然関心がないんだなぁ…。