BLACK DODO DOWN

HN:影月。「怪」のつくものを好み、特撮・ゲームを中心に、よしなしごとをそこはかとなく書き付くる。

SSSS.DYNAZENON 第3話 感想

 目の前に現れた怪獣優生思想から、ガウマもまたかつては怪獣優生思想の一員であり、その裏切者であることを明かされる蓬たち。そこからガウマに対する疑念を抱くわけですが、裏切り者だから信用できないとかじゃなく、裏切ることになった理由をガウマが話してくれないことに対する不満だったというのは、ちょっと予想外でしたね。ガウマも別に隠していたわけではなく、単に話す必要がないと思ってたから話さなかっただけだし。ガウマが戦う理由を明らかにしたことで改めて心を一つにし、初めてダイナゼノンに合体して怪獣を倒す蓬たち。弾幕のような密度の濃い爆発を起こして近寄らせない怪獣に対して、酸素のないところまで連れていけば無力化できるって、怪獣モノの割に科学的な戦い方をしますね。しかし、SSSS.GRIDMANでは同じように空中での戦いをした結果、空の上にある「天井」の存在、ひいてはこの世界がコンピューターワールドであることが明らかになりましたが、今回は宇宙まで飛び出しても「天井」らしきものはありませんでしたね。やはりこれは現実の世界なのか…。それにしても怪獣優生思想の連中、田んぼしかないところで怪獣を暴れさせてどうするつもりだったんですかね。敵とは思えないぐらいフランクに話しかけてくるし、こいつらはこいつらで考えが読めません。

 

 しかし、5千年前と聞いて、「ゼットさんが生まれた頃だなあ」ぐらいしか思いませんでしたけど、あとになってTwitterを見てみたら、特撮版グリッドマンとのとんでもないつながりが明らかに。いや…アノシラスは覚えてたけど、さすがにそんな話までは覚えてないですよ。グリッドマンは意欲作ではありましたけど、個々のエピソードレベルで言うとそんなに印象に残る話はないし…。

ゴジラ S.P 第3話 感想

 海から次々に飛び出し、陸地へ向けて飛行するラドンの大群。その襲来を察知してスクランブル発進する自衛隊機。海水浴客に非難を訴える警察と市役所。そしてついに市街地に襲来し、人々の頭上を我が物顔で通過するラドンの群れ。海から飛び出してくることを除けば、実に怪獣映画らしい映像の連続でワクワクしてきますね。しかし、人は喰わないし口から超音波メスも吐かないとはいえ、あれだけの大群が襲来するのは早くも終末感が漂いますね。一匹一匹は自動小銃でも殺せそうなラドンでも、あれだけの数となると対空機関砲を並べて空に弾幕を張っても完全に駆除することは不可能でしょうけれど、今後はどう備えるつもりなのでしょうか。

 

 そんな中、ラドンの群れの襲来を予期していたオオタキファクトリーの面々はいち早く活動を開始。ラドンを誘導できる電波の発信装置を搭載したバイクでラドンを市街地から引き離す作戦。しかしおやっさんラドンの群れの襲来を予期したのはすごいですけど、自分の乗ってる車は発信装置載せてないし、そもそも誘導した後は完全にノープランだし、役に立ってるのかどうかよくわかりませんね。誘導の途中でアクシデントに遭い、建物への避難を余儀なくされるユン達。バスの中に取り残され、ラドンに襲われそうなおやっさんたちを助けるため、即席の鏑矢を作ってたまたまいた弓道部員の女子高生の力を借りて、音によりラドンの注意を引くことに成功。鏑矢をはじめとする、放つと風切り音をたてる矢を放つ行為は、古来から魔よけの儀式でも行うものですが、それがラドンに対して使われるというのは面白いですね。また、鏑矢を射るのは戦の始まりを告げる行為でもありますので、奇しくも人類と怪獣の戦いの始まりを意味するようにも見えました。音によってラドンの注意を引き、その隙にバイクを立て直してラドンの誘導を再開するユンとハベル。群れを市街地から引き離すことには成功したものの、この先どうする…と思っていたら、最初の個体同様突然死してバタバタ落ちてくるラドンの群れ。突然死の理由も気になりますが、もっと気になるのはラドンがまき散らしながら飛んでいた赤い砂のような物質。放射線は検出されなかったといいますが、ただの砂であるはずもなく、今後何か恐ろしい事態を引き起こすとしか思えません。

 

 一方、もう一人の主人公である銘は、論文に興味を持ってくれた李博士代理人を名乗る自称ジャーナリストの海から、アーキタイプと呼ばれる、中に花の入った透明のキューブ状の物体を渡されることに。こっちの方は話とどう関わってくるかまだわかりませんが、ユン達が最前線での怪獣への対応に当たり、銘が怪獣はなぜ出現するのかといった根本的な謎に挑むというかたちで役割分担が進みそうなのは見えてきましたね。

 

 そして、ラドン騒ぎもまだ収まらぬ中、海ではアメリカの潜水艦が生物と思われる正体不明の巨大な物体を検知。そこに迫るのは、ウナギのように長大な体をくねらせながら泳ぐ赤い怪獣。その登場と共に流れる、第1話のラストと同じ聞き慣れたメロディ。まさか、こいつが…!?

機界戦隊ゼンカイジャー 第6カイ! 感想

 ゴミをまき散らすゴミワルドが現れ、街中ゴミだらけに。掃除好きのブルーンが中心となって、ゼンカイジャーはゴミワルド退治とゴミ掃除に乗り出すが…。

 

 イジルデのところで掃除係をやらされていたおかげで図らずも掃除のプロとなっていたブルーンと、片づけられない女・マジーヌが互いの長所を発揮する回。ゴミワルドは無尽蔵にゴミを吐き出すだけでも迷惑この上ないのに、さらにゴミ電波なる怪電波を発することで人間のやる気を奪い、人間まで精神的にゴミ同然の存在に変えようとするという、なかなかに恐ろしい怪人。見た目や言動はふざけていても作戦内容自体は真面目というのは、やっぱり黒十字軍に通じるところがありますね。それに対して、不屈のお掃除魂で一人ゴミワルドを追いつめるブルーンと、散らかった環境に慣れているためゴミ電波が効きにくいのとゴミの中から目当てのものを探し出すのに非凡な才能を見せるマジーヌの活躍により、見事ゴミワルドを撃破。後者の方は完全にダメ人間の才能なので、手放しで喜ぶことはできないのですが…。

 

 一方トジテンドでは、バラシタラの前に彼の息子を名乗る謎の青年が…。

仮面ライダーセイバー 第30章 感想

 組織を抜け、ようやく飛羽真たちのもとへ戻ってきた倫太郎。飛羽真たちも暖かくそれを迎えるが、それでめでたしめでたしとなるはずもなく、ズオスの罠が襲いかかる。真面目で責任感の強いところは倫太郎のいいところですが、組織に裏切られたことと飛羽真を信じずに敵対してきたことへの罪悪感も相まって、今回は完全にそれが裏目に出てしまっていますね。驚くべきは、芽依をメギドにするという、このタイミングで最も倫太郎に精神的ダメージを与えられる手を使ってきたズオス。脳筋の力押しタイプだと思っていましたが、こいつこんなクレバーな攻め方ができる奴だったんですね。レジエルなんかよりよっぽど賢いです。まぁ、倫太郎に対する復讐心に突き動かされているという点においてはレジエルと同じなので、早晩彼と同じ運命をたどることになりそうですが。そんな話の本筋とは別のところで、デザストに妙に気に入られ付き纏われながら勧誘されてる蓮には笑いました。今のままではどう転んだって扱いが好転する気配はないんですから、いっそのことデザストの誘いに乗って地獄兄弟みたいにやさぐれた方が、まだ笑いにできる分マシだと思いますが…。

SSSS.DYNAZENON 第2話 感想

 ダイナレックスによって辛くも怪獣の撃破に成功したのもそこそこに、蓬たちにダイナゼノンの操縦訓練を課すガウマ。いきなりこんなことに巻き込まれたというのに、みんな妙にすんなりと訓練を受け入れたのが意外でした。特に夢芽。一方でバイトの方を優先してしまい、後々その結果窮地に陥ることになる蓬。まぁ現実に怪獣が現れたり巨大ロボットに乗ってそれと戦うことになったりした人間が普通どう行動するかなんてのは、確かめようがないのでこんなもんなのかもしれませんが。SSSS.GRIDMANと違って、戦いが終わった後も壊れた街はそのままだし、人々の記憶も消されたりはしていませんでしたが、この段階ではこの世界が現実なのか、コンピューターワールドなのかはまだ判断できそうにありません。

 

 そうこうしている間にも、第二の怪獣が出現。同時に今回の怪獣は、「怪獣優生思想」という四人組が操っていることが判明。アカネが原型を作ってアレクシスが巨大化させていた前シリーズと違って、描写を見る限りでは怪獣自体は自然発生的に現れたものを「怪獣使い」が操っているように見えましたね。「怪獣が人類を導く」とか言ってましたが、それと怪獣を暴れさせて街を壊すこととどうつながるのかもわかりませんが。訓練も半ばで戦闘に突入することになった蓬たち。瞬間移動能力を持つ怪獣に対しダイナゼノンでは歯が立たないため分離して戦うことになるものの、訓練に参加していなかった蓬がまともにダイナソルジャーを動かせずに大ピンチに。しかし、ダイナウイングと合体することで高速飛行能力を獲得。怪獣を拘束したうえで投げ飛ばしたところへ、ダイナダイバーからのミサイル攻撃で撃破。合体ロボットアニメでは滅多に見られない、分離状態のメカによる勝利という珍しいものを拝ませてもらいました。しかし戦いの後、ガウマの前に姿を現す怪獣優生思想。どうやら両者は顔なじみのようですが…。

ゴジラ S.P 第2話 感想

 夏祭り会場に突如飛来したラドン。逃げ遅れた子どもを助けたユンに迫るラドンに、おやっさんの操縦するジェットジャガーが立ち向かう。ラドンVSジェットジャガー。こうして実現したところを見ても信じられないような対戦カードです。まぁ実際のところは翼竜に毛が生えたようなような怪獣と見るからに開発途上のロボットの対決なので、パシリムのようなド迫力のバトルに到底及ばないのは言うまでもありませんが、こういうドタバタ感のある戦いの方が、もともと昭和生まれのジェットジャガーのデビュー戦にはふさわしいですね。しかしあのラドン、ピンポイントでコクピットを集中して狙ってきたり、小型にしては侮れません。ジェットジャガーの方も「取り押さえろ」という単純な命令だけでそれに従った行動をとろうとしていたあたり、見た目に反して頭脳の方はなかなか優秀そう。ユンは下手すれば自分より賢いとまで言う人工知能を作ってましたし、もしかすると同じものがジェットジャガーにも搭載されているのかも。しかしラドンジェットジャガーの手を逃れて空中に逃亡…したかと思いきや、突如絶命して落下し、この戦いは唐突な幕切れに。死体が高熱を発していたというのが気になりますね。

 

 当然のようにラドンの出現は世間にセンセーションを巻き起こすことに。「生きたまま捕まえられればよかったのに」と無責任に言う専門家とか、ツチノコ扱いで町おこしの材料にしようとする市とかは、怪獣映画でもおなじみの流れですね。一方で、おそらくは怪獣映画などはなく、そもそも「怪獣」という文化がないであろうこの世界において、「怪獣」という呼称や「ラドン」という固有名がネットやメディアを通じて自然発生的に生まれ定着していく過程を見せたのはなかなか面白い。やがて、夏祭りで死んだ個体以外にも複数のラドンの死体が次々に発見され、「地球の生物に共通する遺伝子を持たない」「胃に相当する器官が見当たらない」「体内に放射性物質ラドンをもち、電波を発する」といった特徴が明らかに。特に地球の生物に共通の遺伝子を持たないというのが興味深いですね。怪獣は基本的には何でもありですが、宇宙怪獣のような例外を除いては、地球の生物が何らかの理由で巨大化した、というのが怪獣には多いわけですから、今回のラドンはそもそも地球の生物ですらないかもしれないというのは興味深い。そしてそれを裏付けるように、ラストで赤く染まった海から次々に飛び出してくるラドンの大群。2話目にしてもうガメラ3のラストみたいなことになってますけど、ラドンでこれだとゴジラが出てきた日にはどんなことになってしまうのか…。

機界戦隊ゼンカイジャー 第5カイ! 感想

 行方不明になった両親がトジテンドにいるかもしれない。ブルーンから聞かされた話からそのことで頭がいっぱいになった介人は、スシワルドとの戦闘で不覚を取り、ジュランとともに公園のベンチに固定されてしまうが…。

 

 介人の両親がらみでシリアスな要素もありましたけど、そもそも出てくる怪人が寿司の怪人なので、これまでにも増してトンチキ具合が重症な話。寿司の世界なんてトンチキな世界が存在するのは、まあ存在するのなら仕方ないとしても、「寿司の世界の力で何でもかんでも握って世界征服してやろう!」というトジテンドの発想には、さすがにこの世界をナメてんのかと言いたくなります。まぁゼンカイジャーの方も、「寿司の怪人なんだから本当は寿司を握りたいだろう」という理屈で酢飯を用意して敵をおびきだそうという正気とは思えない作戦を立てるあたり人のことは言えないし、スシワルドもまたまんまとそれに引っかかってやってくるんですから、敵も味方もとにかく知能指数が低い。

 

 今回ゼンカイジャー、というより介人が使ったセンタイギアは二つ。まずはキュウレンジャーギア。ものすごいラッキーを発動し介人とジュランを戦闘が行われてる場所まで運びましたが、本家ラッキーもあのぐらいのラッキーを起こすんだから困ります。ラッキー自身運頼みではなく、行動することによって運を自らに引き寄せる人だったので、大事なものは全て守ると介人が決意したところでこのギアが発動したのは、割と合っていましたね。しかしこのギアの力、キュウレンジャーの力というよりはラッキーの力のような。もしかすると使う度に発動する力が異なり、料理が美味くなったり突然歌い出したり上半身裸になったりすることもあるのかもしれません。そしてもう一つはリュウソウジャーギア。巨大戦でジュランたちが握られ回転寿司のネタにされたとき、これを使って回転寿司を破壊してジュランたちを救出。回転寿司自体素っ頓狂ですが、それを問答無用に正面からパワーでぶっ壊すというやり方が、ものすごくリュウソウジャーらしくてうなずくしかありませんでした。

 

 それにしてもバラシタラ、いかにも脳筋力押しタイプの幹部みたいな見た目にも関わらず、席は空いてるかだのお前らはガリレベルだの、寿司屋にちなんだ小粋なジョークを挟めるあたり、ウィットに富んでいるのが意外です。